背中の痛みについて | 八女市・八女・筑後 まいにち整骨院

お問い合わせはこちら

背中の痛みについて

背中の痛みは誰にでも経験があるものですが、範囲が広く部位によって原因が異なる傾向です。

寝姿勢や無理な背中の反りといった原因と症状は明確で、痛みも筋肉痛に近い鈍い痛みが特定の部位を覆います。

背中の痛みの原因と症状

このような原因と症状は、痛みの箇所を指で押すと痛みが増しますから、場所が簡単に特定できます。逆に注意が必要なのは、痛む部分と原因が離れている内臓疾患のようなケースです。

背中の痛みの範囲が広く、強烈な痛みを感じる場合は、内臓疾患に原因がある疑いが濃厚になります。胸の位置に背中の痛みを覚えるなら、心臓に問題があって症状を発している可能性が高まります。

胃も同様に、胃炎や胃潰瘍というような疾患が、痛みを引き起こしていると考えることができます。ただし、肝臓や膵臓が原因のケースもあるので、長引いたり強くなる時は単なる胃痛だと判断しないのが賢明です。

尿に血が混じったり、濁りが生じるタイプの背中の痛みは、腎臓に何らかの疾患が発生している恐れが強いです。一方では、骨に炎症や神経圧迫が起こっていて、背中の痛みに繋がっている場合もあります。

背中の痛みについては当院にお任せ下さい

背中を叩いて骨が痛むのであれば、筋肉や内臓ではなく骨に原因が疑われます。状態は大したことがなくても、精神的な問題で痛みを強く感じることがあるので、ストレスが溜まっている人はそのケアも必要です。

痛みは苛立ちや苦痛を引き起こしますし、部位が背中となると睡眠の質にも関わりますから、早めに原因を特定して対処するのが理想的です。

背中の痛みは内臓疾患や胃炎、胃潰瘍など体の内側にも症状を引き起こす原因となってくるケースもありますので、そういった症状を少しでも早く見つけ、改善して頂くためにも、まいにち整骨院にお越しください。心よりお待ちしております。