すべり症について | 八女市・八女・筑後 まいにち整骨院

お問い合わせはこちら

すべり症について

すべり症とは正式には腰椎すべり症と言います。40代以降の中高年に多い症状であり、誰でも患ってしまう可能性があります。腰の骨がずれてしまうことが原因で発症します。症状は足や腰の痛み、しびれなどが生じてしまいます。

分離すべり症と変性すべり症

腰椎すべり症は大きく二種類に分けることができます。一つは分離すべり症といって背骨の本体である椎体と関節を支えている椎弓が分離してしまうことを指します。もう一つは変性すべり症で加齢に伴い骨と骨の間にある椎間板や靭帯など、腰椎を安定化している組織が変性したことでずれてしまったことを指します。

本当の原因はいまだわかっていないことが多く、40代以降の中年女性に発症が多いことから、ホルモンが大きく関係しているのではないかということも言われてます。少し歩くだけでもしびれや痛みが起こることも多く、生活に支障をきたす人もいます。

すべり症でお悩みの方は当院にお任せください

すべり症は骨がずれることによって発症するため、骨に対して施術を行う必要があります。体のゆがみを調整することにより、神経圧迫をなくし、痛みやしびれを緩和していきます。症状が悪化する前に当院までご相談ください。