起立性調節障害について | 八女市・八女・筑後 まいにち整骨院

お問い合わせはこちら

起立性調節障害について

現代人に増えている病気の1つに起立性調節障害と呼ばれるものがあります。小学校高学年から中学校の思春期の子供に多く見られ、重くなると朝なかなか起きることができなくなり、これが不登校につながることもあります。

起立性調節障害の症状と原因

起立性調節障害は自律神経の病気の1つであり、起立したときにめまいや動悸、失神などが生じます。その他の症状については食欲不振や顔面蒼白、倦怠感などが現れることもあります。

なぜこのような症状が発生するのかその原因については、自律神経の機能が低下して循環器系の調節がうまくいかなくなるからです。一般的に人間は立ち上がる際には自律神経の1つの交感神経が働いて、血圧を維持します。しかしこの神経の働きがないと、血圧を維持することができなくなり、めまいや動機、失神などの症状が引き起こされるのです。

自律神経の機能が低下する理由は、水分の摂取不足や運動不足、精神的なストレスなどが挙げられます。またこの病気に悩む患者の多くに、遺伝傾向があるとされています。

起立性調節障害は当院にお任せください

自分の意思ではどうにもならない病気であるため、周りの人がこの病気への理解を深めることが大切です。当院は確かな知識と技術はもちろん、思いやりの心をもって皆様の健康に貢献します。

少しでも不調を感じたらまいにち整骨院・整体院にご相談ください。