オスグットについて | 八女市・八女・筑後 まいにち整骨院

お問い合わせはこちら

オスグットの原因と症状

運動をしている時に膝が痛む、膝のお皿の下にある骨が腫れてきたなどを子どもから訴えられた場合には、オスグッドである可能性が高いでしょう。

子供の膝の痛みと聞くと成長痛なのではないかと思い放置してしまう人も多いですが、オスグッドは進行性のスポーツ障害に当たるため早期対応が必要であり、症状と原因について把握しておくことが求められます。

オスグットの原因と症状


オスグッド病の症状としては、膝のお皿の下の骨が突き出してきたり、赤く腫れる、熱を帯びる、痛みがあるなどの症状が挙げられます。

運動をすると痛んで休むと治る事が一つの特徴です。これらの症状に加え、問診やレントゲン検査など様々な検査で、脛骨粗面に小さな骨のかけらなどが見つかった場合には、診断が確定することになるでしょう。

また、成長期は骨が成長するために新しい骨がたくさんあるので比較的強度が弱くなっています。それによって未熟な骨や軟骨の一部が剥がれたときに痛みや腫れが生じるのです。

オスグッドの症状でお悩みなら当院にお任せください


オスグッドの症状でお悩みなら当院にお任せください。

当院は親切丁寧を心がけています。その場しのぎの施術ではなく、患者様のことを心から想い本当に痛みが楽になる施術をさせていただきます。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!皆様のご来院を心よりお待ちしております。