梨状筋症候群について | 八女市・八女・筑後 まいにち整骨院

お問い合わせはこちら

梨状筋症候群について

お尻の筋肉であり股関節を支えるという重要な役目を果たしている梨状筋に負担がかかり続けると、腰のあたりから足に向かってのびる神経が圧迫され痛みやしびれを引き起こします。

放置していると座っていられなくなるほどの痛みがでるこの疾患には、どのような原因があるのでしょうか。

原因や症状とは?

原因としては運動や体に負担がかる姿勢、骨盤の変形などにより梨状筋が長時間にわたり強く収縮することで坐骨神経が圧迫されたり、長時間座ることにより梨状筋や坐骨神経が圧迫された場合などがあげられます。

症状としては、お尻から足にかけての部位に鋭い痛みやしびれ、張り、灼熱感あるいは冷え感、締付けなどを感じるというのが代表的です。なお、その際には一部分だけにその症状が強く出る場合もあれば下肢全体に強く感じる場合もあります。

そうなると、座るという行為が難しくなるため、映画館や車の中でも長時間座っていることが難しく、日常生活を送るにも支障がでてくるので早めに当院にお越しください。

梨状筋症候群は当院へお任せください

辛い痛みや症状は我慢せず、まいにち整骨院へおまかせください。

当院はつらい症状を改善するだけではなく、不調がでない身体づくりをサポートすることもできる整骨院です。
多数の施術実績をもった経験豊富なスタッフが、真心をこめてご対応いたします。ぜひ一度、お気軽にご相談ください。