シンスプリントについて | 八女市・八女・筑後 まいにち整骨院

お問い合わせはこちら

すね(脛骨)の下の1/3部分に痛みが出るもので、運動を始めると痛みが出始め、運動を止めると痛みが緩和していくのが特徴です。症状が悪化してしまうと、運動を中止しても痛みが日常生活でも現れます。

シンスプリントが発症する原因は?

原因はすねの周囲に存在します。特に内側に変化が感じられやすく、鈍く感じられる痛みを覚え、走ったりジャンプをするといった行動を繰り返したあと、痛みを顕著に感じやすいです。

中距離もしくは長距離を走るランナーやバスケットボールの選手、サッカー選手などに多く、これまでに競技を行ってきている経験があっても、活動し始めて間もない時などは身体が負荷に慣れていない事もあり、症状が起こる事もあります。

特有の症状が感じられた時には、距離を短くするなどの身体に掛かる負担を小さくさせる事で回復に繋げられるようになりますが、少しでも変化を感じた時には速やかに正しいケアを行わなければ再度練習を開始した時に再発に繋がりやすいです。

シンスプリントは当院にお任せください

シンスプリントは症状の進行具合によって感じられる変化が異なり、初期段階ではスポーツにおいてジャンプなどの特定の動作を行った時のみに変化を感じます。

しかし少しずつ競技中に変化を感じる機会が増えてくる上に、競技をしていない日常生活の中でも変化を感じるようになります。

症状を感じながら何もケアをしないで過ごしているとますます進行するため、変化が感じられた際にはできるだけ速やかに当院での治療を受けて頂くことをお勧めしております。
当院に受診いただくことでお一人お一人に適した検査を行うことができます。