足関節捻挫について | 八女市・八女・筑後 まいにち整骨院

お問い合わせはこちら

足関節捻挫について

足関節捻挫はスポーツ外傷の中でも最も多いとされる症状です。

足関節捻挫の原因

足関節捻挫は関節に不自然かつ強い力がかかり、靭帯が損傷することで起こります。捻挫は足首や手首、指の付け根や肩、膝など関節のある部分であれば起こりうる症状ですが、その中でもスポーツ活動中に最も頻発するのが足首の捻挫です。ジャンプからの着地や切り返し動作を行ったり、他の選手との接触プレーによって多く発生します。

足首に起こる捻挫には足首を内側にひねることで生じる内反捻挫と、外側にひねる外反捻挫の2種類に分かれますが、足関節の構造上足裏が内側に向きやすいため内反捻挫がおよそ9割を占め、その多くが外側くるぶし周囲にある靭帯が損傷します。

足関節捻挫の症状については主に痛みと腫れが起こります。靭帯の損傷具合によって軽度なら腫れも痛みも軽く一時的に靭帯が伸びている状態ですが、中度になると靭帯の一部が切れてしまい、重度になると靭帯が完全に切れて関節が不安定な状態となります。靭帯は関節を構成する骨を固定する役割を持っており、足関節捻挫によって靭帯が緩んだり切れて機能がはたせなくなると、歩行などの動作に支障をきたします。

足関節捻挫は当院にお任せください

捻挫は適切な処置をしなければ骨の位置がズレた状態で靱帯が伸びたまま修復されてしまい、再発しやすくなってしまいます。当院ではお一人おひとりの症状に合わせた適切な施術で改善に導きます。

足関節捻挫の治療はまいにち整骨院・整体院にお任せください。