手根管症候群について | 八女市・八女・筑後 まいにち整骨院

お問い合わせはこちら

手根管症候群について

手根管症候群は、手首の内側で末梢神経が圧迫されて手指のしびれや痛み、親指の脱力が起こる疾患です。

手のひらの付け根部分にある骨と靭帯に囲まれた空間を手根管といい、この中に指を曲げる腱と正中神経が通過していて、 何らかの原因により正中神経が圧迫されている状態のことをさします。

手根管症候群の原因と症状

主な症状は母指〜環指の親指側のしびれ感と感覚低下です。手根管症候群の原因で最も多いのは、中高年の女性に高頻度に発生する特発性のものと、手を酷使する労働者に発生する滑膜炎という指の炎症によるものであります。

症状が悪化していくと母指球筋(母指の付け根の筋肉)の筋力低下をきたします。高度の麻痺になると母指球筋の萎縮が著明になり母指を開けなくなるなど、日常生活に支障をきたしてしまいます。指に違和感を感じたら、早めに受診したほうがよいかもしれません。

手根管症候群のお悩みはお任せください

手根管症候群のつらい症状はまいにち整骨院にお任せ下さい!

当院ではお客様の「痛みや不安」に寄り添い、お客様の体に合った施術を行っております。症状が悪化して取り返しのつかなくなる前に、まずは当院へご相談ください。スタッフ一同、心から皆様のお越しをお待ちしております。