テニス肘について | 八女市・八女・筑後 まいにち整骨院

お問い合わせはこちら

テニス肘について

テニス肘という症状名が付けられているように、テニスをしている際に繰り返し行うストロークやバックハンドによるストロークによって痛みが発症する症状の事です。

テニス肘という症状名ではあるもののテニスをしていなくても日常生活を営んでいる時に同様の症状を発症する事例もあります。

テニス肘の原因

テニスにおけるテニス肘を発症する原因は、バックハンドでストロークをする際、ラケットの裏側でテニスボールを打ち返し、テニスボールがラケットに当たった時に手首の親指に強い衝撃が加わるためです。

手首の親指に強い衝撃が加わった時には手首を反らせる時に動く筋肉が働くため、繰り返しストロークを行う事で炎症が発症し、当初は小さかった炎症が次第に悪化し肘に非常に強い痛みが生じます。

テニス肘の症状

テニス肘は年齢に関わらず発症しますが、突出して患者数が多いのは青年期を過ごしている方々です。
日頃から活発に過ごす傾向にある年齢である上にテニスによって激しく腕を動かしたり、テニスボールの衝撃を受ける事で症状が進行しテニス肘に繋がります。

テニス肘でお悩みなら当院にお任せください

テニス肘の症状を発症した時にこれまでは難なく行う事ができていたものの、発症後から痛みによって行えなくなってしまう事柄として多いのが、水を含んだタオルを絞ったり、掃除機や箒を手にして掃除できなくなことがあります。

色々な治療を行ってきたが良くならない…病院での検査結果も異常なしと言われる…そのような、どこに行っても良くならないなどお身体の痛みや症状の根本原因を改善していきます。
テニス肘でお悩みなら当院にお任せください。