側弯症について | 八女市・八女・筑後 まいにち整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 背中の症例の記事一覧

側弯症について

2021.06.30 | Category: 背中の症例

側弯症について

元来、人体の背骨は前から見た場合に真っ直ぐな状態になっているのが正しいですが、右もしくは左に曲がってしまっている事例を側弯症と呼びます。

そのような側弯症の原因と症状は生まれながらにして骨が曲がっている事例と病気による事例、取り分けて理由が無いものの曲がっている事例に分けられます。

原因と症状

原因と症状が重度である時には曲がり方がますます顕著であるのはもちろん、曲がっている事によって神経などが圧力を受けていて痺れなどの他の変化を感じている事が多いです。

そのため、重度と判断されたり患者が痺れなどを訴えている時には神経を圧力から解消する手術を行ったり、金属もしくは自身の骨を活用して背骨の位置を正しくしつつ固定する施術も行われます。

原因と症状が骨であるが故に少しずつ変化が現れるのと同様に治療もじっくりと向き合っていく事になるので、できるだけ速やかに専門医にサポートを依頼するのが安心です。

側弯症の症状でお悩みなら当院にお任せください

側弯症のお悩みならまいにち整骨院にお任せください。

当院ではその場しのぎの施術ではなく、患者様のことを心から想い本当に痛みが楽になる施術をさせていただきます。

お悩みの方は一度お気軽にご相談ください!皆様のご来院を心よりお待ちしております。

背中の痛みについて

2021.06.24 | Category: 背中の症例

背中の痛みについて

背中の痛みは誰にでも経験があるものですが、範囲が広く部位によって原因が異なる傾向です。

寝姿勢や無理な背中の反りといった原因と症状は明確で、痛みも筋肉痛に近い鈍い痛みが特定の部位を覆います。

背中の痛みの原因と症状

このような原因と症状は、痛みの箇所を指で押すと痛みが増しますから、場所が簡単に特定できます。逆に注意が必要なのは、痛む部分と原因が離れている内臓疾患のようなケースです。

背中の痛みの範囲が広く、強烈な痛みを感じる場合は、内臓疾患に原因がある疑いが濃厚になります。胸の位置に背中の痛みを覚えるなら、心臓に問題があって症状を発している可能性が高まります。

胃も同様に、胃炎や胃潰瘍というような疾患が、痛みを引き起こしていると考えることができます。ただし、肝臓や膵臓が原因のケースもあるので、長引いたり強くなる時は単なる胃痛だと判断しないのが賢明です。

尿に血が混じったり、濁りが生じるタイプの背中の痛みは、腎臓に何らかの疾患が発生している恐れが強いです。一方では、骨に炎症や神経圧迫が起こっていて、背中の痛みに繋がっている場合もあります。

背中の痛みについては当院にお任せ下さい

背中を叩いて骨が痛むのであれば、筋肉や内臓ではなく骨に原因が疑われます。状態は大したことがなくても、精神的な問題で痛みを強く感じることがあるので、ストレスが溜まっている人はそのケアも必要です。

痛みは苛立ちや苦痛を引き起こしますし、部位が背中となると睡眠の質にも関わりますから、早めに原因を特定して対処するのが理想的です。

背中の痛みは内臓疾患や胃炎、胃潰瘍など体の内側にも症状を引き起こす原因となってくるケースもありますので、そういった症状を少しでも早く見つけ、改善して頂くためにも、まいにち整骨院にお越しください。心よりお待ちしております。

 

脊椎管狭窄症について

2021.05.25 | Category: 背中の症例

脊椎管狭窄症について

背骨の中を通っている脊椎からの神経の通り道のことを脊柱管と呼んでいます。この脊柱管を構成している骨や靭帯が分厚くなり椎間板の突出など様々なことが原因となり、脊柱管が圧迫を受けて狭くなる病気のことを脊柱管狭窄症と呼んでいます。

脊柱管狭窄症がなぜ引き起こされるのが、症状と原因についてしっかりと把握しておきましょう。

原因と症状

原因は脊柱管を構成している背骨や椎間板の加齢による変化で狭くなったり、背骨のズレ、椎間板ヘルニアなど様々です。何かしらの原因により脊柱管が圧迫されれば、それは脊柱管狭窄症と言えます。

主な症状としては、歩いている時や立ち上がっている時に、お尻から足にかけて痛みやしびれが生じます。歩くと症状が悪化して、休むと痛みが和らぐケースが多いでしょう。

脊柱管狭窄症の治療


前かがみの姿勢をとると症状が和らぐことも一つの特徴です。場合によっては排尿障害や排便障害が発生することもあり、このような場合には早急に手術を受ける必要があります。筋力低下が認められる時にも、早めの手術を考えましょう。

痛みや痺れがどれだけ日常生活に支障をきたしているかにより、手術が必要かどうかが判断されます。あまりにも症状が続いている期間が長すぎると、手術を受けてもあまり改善が見られない可能性もあります。

脊椎管狭窄症の症状でお悩みなら当院にお任せください


脊椎管狭窄症の症状でお悩みなら当院にお任せください。

当院は親切丁寧を心がけています。その場しのぎの施術ではなく、患者様のことを心から想い本当に痛みが楽になる施術をさせていただきます。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!皆様のご来院を心よりお待ちしております。