ばね指について | 八女市・八女・筑後 まいにち整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腕の症例の記事一覧

ばね指について

2021.03.12 | Category: 症例一覧,腕の症例

ばね指について

ばね指は、発症しても日中指を使っていると症状が軽減することもあり、一時的なものだと考え治療を後回しにしてしまう人も少なくありません。指の付け根部分で屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が生じたとき、腱鞘炎の症状になり腱鞘の部分では腱の動きがスムーズに行う事ができなくなる、そして指の付け根部分では痛み・腫れ・熱感が生じて来ます。

症状と原因について

ばね指は、朝方に症状が強く出るといわれているのですが、家事などで指を使っていると症状が収まるケースも多くあります。このような段階でそのまま放置していると指のばね現象が起きてばね指になる、これが悪化すると指を動かすことができなくなることもあるので注意が必要です。

更年期の女性に多いといわれているのですが、妊娠出産期の女性にも多いとされます。主に指の使い過ぎやスポーツ、指をよく使うような仕事をしている人も多く見られます。さらに、糖尿病・リウマチ・透析を行っている人などにも発生するケースが多いです。

ばね指は当院にお任せください

辛いばね指の症状は、まいにち整骨院にお任せください!

ばね指は一時的なものだと考えて放置してしまうとさらに悪化して指を動かすことができなくなることもあります。
症状が悪化してしまう前に当院に一度ご相談ください。スタッフ一同全力でサポートいたします。

腱鞘炎について

2021.03.11 | Category: 症例一覧,腕の症例

腱鞘炎について

人間の手は、27個の骨から出来ているといわれていますが、この沢山ある骨を上手に動かすことが出来るのには、筋肉と骨を結びつける腱というものがあるからです。腱は手と指の骨と筋肉をつないでいて、腱が動くことで指を曲げたり伸ばしたりすることが出来ます。

この腱を骨から離れないように所々にバンドのような組織になっているところで、指を曲げたり伸ばしたりする時には、腱が往復するように移動します。この腱が擦れ合うと、炎症が起こってしまって腱鞘炎になってしまいます。

症状と原因について

腱鞘炎の症状と原因は、パソコンでの作業を行う方や楽器の演奏や文字の書き過ぎなどの、手をよく使う仕事の方に起こりやすいと言われています。他にも妊娠や出産期の女性なども、女性ホルモンの影響で起こりやすくなっていて、さらに糖尿病の人や関節リウマチの人も起こりやすいようです。

理由は、末梢神経の血液が滞ることや、炎症を起こしてしまうと治りにくいケースが多いので、そう言った場合に腱鞘炎を起こしやすくなるという風に考えられています。この炎症が進行してしますと、ばね指という指がはねてしまう症状が出る危険性があるので、少しでも異変を感じたら早めに医療機関に行くことが大切です。

腱鞘炎は当院にお任せください

辛い腱鞘炎でお悩みの方は、まいにち整骨院にお任せください!

腱鞘炎だからと言って放置したままにしてしまうとさらに症状が悪化して、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。
症状が悪化する前に当院にお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております。