ぎっくり腰について | 八女市・八女・筑後 まいにち整骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 症例一覧の記事一覧

ぎっくり腰について

2021.03.12 | Category: 症例一覧,腰の症例

ぎっくり腰について

腰痛を感じている方は非常に多く、軽傷な方から中程度の方、なかにはそのままで生活を送っている方も少なくはありません。

慢性化している人の中には温湿布やコルセットを利用している方も目立ちますが、腰痛の中でも最も症状が重たいものにぎっくり腰をあげることができます。

症状と原因について

ぎっくり腰の症状は急に腰に激痛が走り、身動きが取れない状態になったり、一度座ってしまうと起き上がることができない状態になることが一般的です。

原因は中腰での作業を行っていたり、床面に置いてある重量物を持ち上げた際にも起きてしまいます。

更に普通の直立姿勢をしていても、急に誰かに声を掛けられたことで、腰を捻る動作を行った際に発症してしまうこともあります。
これらの原因は骨や腰回りの筋肉、軟骨や椎間板の損傷などが該当することが多く、症状と原因が当てはまる方は殆どのケースでぎっくり腰と考えても間違いはありません。

ぎっくり腰は当院にお任せください

辛いぎっくり腰の症状はまいにち整骨院にお任せください!

当院は、土日・祝日も休まず営業しておりますので、平日の通院が難しい方でも安心して通院が可能となっております。
必ずあなたのお力になり、辛い症状を改善できる整骨院です。まずは一度お越しください。

頭痛について

2021.03.12 | Category: 症例一覧,頭の症例

頭痛について

頭痛には様々な種類があり、それぞれ症状と原因が異なるため注意をしなければなりません。
場合によっては重篤な疾患が発生している事もあるため、基本的には異常を感じたら専門医の治療を受けることが必要となります。

症状と原因について

頭痛にも様々な原因がありますが、一般的に頭痛の中で比較的多いのが、片頭痛と緊張型頭痛と言われています。
それぞれの症状について詳しく見ていきましょう。

片頭痛

片頭痛は、脳内の血管が何らかの原因により急激に拡張することで、大量の血液が送り込まれて痛みを感じる症状となります。

肩こりなどによる血管の状況が急激に変化する原因のものから、精神的なストレスに起因するものもあるため、その対処法も様々ですが基本的にはリラックスをすることが非常に良い対処法となっています。

緊張型頭痛

緊張型頭痛は、頭の周りの筋肉が硬直して血行が悪くなり発生するものであるため、この筋肉をほぐすようにすることがポイントとなります。

パソコンなどで集中して作業をすることで肩こりや首の周りの筋肉が硬直したり、また目を使いすぎることでその周りの筋肉が硬直することにより発生することが多くなっています。

頭痛については当院にお任せください

頭痛の原因はこれだけではなく、場合によっては脳の中の血管が何らかの症状を発生しているなど重篤な場合もあるので、痛みを感じたら当院へご相談ください。

まいにち整骨院は、臨床経験30年以上のベテランの専門家が常勤しており、あなたが辛いと思っている症状を短期間で改善できる整骨院です。まずは一度お越しください。

坐骨神経痛について

2021.03.12 | Category: 症例一覧,腰の症例

坐骨神経痛について

坐骨神経痛は坐骨の部分に鋭い痛みを感じるものですが、具体的にはその症状と原因は様々なものがあるため注意をしなければなりません。その理由は、坐骨周辺は様々な神経の通り道となっており、体の部分の様々な不調を最も痛みとして感じやすい部分となっているためです。

症状と原因について

坐骨神経痛の原因の中で比較的多いのが、腰痛の影響です。腰の部分の神経は非常に敏感であるとともに、これが様々な部位につながっているため坐骨の部分で痛みを感じると言うことも少なくありません。またその痛みが長期間持続する場合には、椎間板ヘルニアの疑いもあるので十分に注意をすることが大切です。

坐骨神経痛は当院にお任せください

坐骨神経痛でお悩みの方は、まいにち整骨院にお任せください!

腰の痛みは、症状が悪化してしまうと日常生活にも支障をきたしてしまいます。
慢性的な痛みに繋がる前にまずは当院へご相談ください。スタッフ一同全力でサポートいたします。

ばね指について

2021.03.12 | Category: 症例一覧,腕の症例

ばね指について

ばね指は、発症しても日中指を使っていると症状が軽減することもあり、一時的なものだと考え治療を後回しにしてしまう人も少なくありません。指の付け根部分で屈筋腱と靱帯性腱鞘の間で炎症が生じたとき、腱鞘炎の症状になり腱鞘の部分では腱の動きがスムーズに行う事ができなくなる、そして指の付け根部分では痛み・腫れ・熱感が生じて来ます。

症状と原因について

ばね指は、朝方に症状が強く出るといわれているのですが、家事などで指を使っていると症状が収まるケースも多くあります。このような段階でそのまま放置していると指のばね現象が起きてばね指になる、これが悪化すると指を動かすことができなくなることもあるので注意が必要です。

更年期の女性に多いといわれているのですが、妊娠出産期の女性にも多いとされます。主に指の使い過ぎやスポーツ、指をよく使うような仕事をしている人も多く見られます。さらに、糖尿病・リウマチ・透析を行っている人などにも発生するケースが多いです。

ばね指は当院にお任せください

辛いばね指の症状は、まいにち整骨院にお任せください!

ばね指は一時的なものだと考えて放置してしまうとさらに悪化して指を動かすことができなくなることもあります。
症状が悪化してしまう前に当院に一度ご相談ください。スタッフ一同全力でサポートいたします。

産後骨盤矯正について

2021.03.12 | Category: 症例一覧,腰の症例

産後骨盤矯正について

子供を産んだ後は骨盤が歪むことになるため、産後骨盤矯正を行って姿勢を直さないと様々な問題を生じると言われる事は少なくありません。多くの整骨院などではその治療を専門的に行うと言うこともありますが、実際には子供を産んだ後でも基本的に骨盤が歪むと言う事はほとんどないのが実態です。

症状と原因について

実際の症状と原因は、子供を産んだことによる体型の変化や筋肉の変化が大きな要因となっています。そのため、産後はこれらを元に戻すために様々な治療を行うことが必要になる場合も少なくありません。

また子供のお世話をする時などは同じ姿勢をとり続けることが多いため、これにより筋肉が硬くなり体型が崩れてしまったり、様々なところに痛みを感じてしまうと言うことが多いので注意が必要です。

産後骨盤矯正は当院にお任せください

産後骨盤矯正は、まいにち整骨院にお任せください!

実際に産後骨盤矯正と言われる治療は骨盤の周辺の筋肉を柔らかくするための治療であり、骨の歪みは子供を産んだからではなく元来の様々な姿勢の悪さによる歪みが原因となっていることが多いものです。
歪みで状態が悪化する前に当院にお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

腱鞘炎について

2021.03.11 | Category: 症例一覧,腕の症例

腱鞘炎について

人間の手は、27個の骨から出来ているといわれていますが、この沢山ある骨を上手に動かすことが出来るのには、筋肉と骨を結びつける腱というものがあるからです。腱は手と指の骨と筋肉をつないでいて、腱が動くことで指を曲げたり伸ばしたりすることが出来ます。

この腱を骨から離れないように所々にバンドのような組織になっているところで、指を曲げたり伸ばしたりする時には、腱が往復するように移動します。この腱が擦れ合うと、炎症が起こってしまって腱鞘炎になってしまいます。

症状と原因について

腱鞘炎の症状と原因は、パソコンでの作業を行う方や楽器の演奏や文字の書き過ぎなどの、手をよく使う仕事の方に起こりやすいと言われています。他にも妊娠や出産期の女性なども、女性ホルモンの影響で起こりやすくなっていて、さらに糖尿病の人や関節リウマチの人も起こりやすいようです。

理由は、末梢神経の血液が滞ることや、炎症を起こしてしまうと治りにくいケースが多いので、そう言った場合に腱鞘炎を起こしやすくなるという風に考えられています。この炎症が進行してしますと、ばね指という指がはねてしまう症状が出る危険性があるので、少しでも異変を感じたら早めに医療機関に行くことが大切です。

腱鞘炎は当院にお任せください

辛い腱鞘炎でお悩みの方は、まいにち整骨院にお任せください!

腱鞘炎だからと言って放置したままにしてしまうとさらに症状が悪化して、日常生活に支障をきたすことも少なくありません。
症状が悪化する前に当院にお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

骨格矯正

2020.04.09 | Category: その他,症例一覧

骨格矯正

このような方は
\是非一度お試しください/
  • 痛みが何度も繰り返す
  • 同じ態勢でいるのが辛い
  • 動かし始めが辛い
  • 身体が動かしづらい
実は全て歪みが原因かも!?

身体の歪みが生じることで筋肉への神経の伝達に異常が出てくる恐れがあり、その結果、うまく身体を使えなくなってしまいます。

足の引きつり、立ち上がれない、首を回せない等もその症状の1つです。

筋肉をほぐしても神経伝達は改善できません。

関節の歪みを整えて自分の身体をコントロールしましょう。

体調不良の原因にもなり得る身体の歪みを整えるストレッチ

日常のクセや習慣、また生まれついた身体の構造によって、人々の身体は様々な歪みを生じることがあります。

その歪みが大きくなると、身体に筋力のバランスが崩れてしまいます。

そしてこの筋バランスのズレは特定の筋肉や関節などの身体への負担を増やしてしまうでしょう。

健康な身体を維持するために歪みの予防という観点からストレッチを習慣化して筋肉の柔軟性を高めましょう。

料金

①骨格矯正スタンダードコース 1,650円(税込)
骨格矯正スタンダードはお得な回数券も販売しております
②上肢ストレッチコース 1,650円(税込)
肩のこわり、五十肩の予防などにオススメ
③下肢ストレッチコース 1,650円(税込)
足のむくみ、腰の痛みなどにオススメ

巻き爪

2020.04.07 | Category: その他,症例一覧

巻き爪

料金

爪の巻く強さによって料金が変わります。

無料カウンセリング ¥0
軽度の巻き爪 ¥5,500
中度の巻き爪 ¥6,600 ~ ¥7,700
重度の巻き爪 ¥8,800
爪のクリーニング ¥0~¥2200

※一箇所の値段となり片足の親指の右側 左側を1つの器具で2箇所両方補正する場合は2200円の加算となります。

その他ケア

割れ爪の修理 1箇所 ¥3,300

巻き爪ケアのよくある質問

八女市・八女・筑後 まいにち整骨院では巻き爪ケアの専門施術を行わせて頂いております。
来院頂く前、来院頂いた後に患者様からよく頂く質問をまとめました。

なぜ巻き爪になるのですか?

窮屈な靴を履いて爪に当たっていたり、爪の切り方の問題で短く切りすぎて深爪にしてしまったり、逆に爪を伸ばし過ぎて乾燥することで巻いてしまったり、体重が増えることで爪の脇の皮膚が肉厚になることで爪を押して巻き爪になりやすくなると言われております。
病院では巻き爪の治療は手術をすることが一般的でありますが当院では一切メスを入れずに特許取得のプレートを用いることで巻き爪の症状を改善していきます。

どうやって治すの?

日本はもちろんドイツなど海外でも特許を取得したプレートを爪に貼り付けて爪を広げていきます。

痛みはありませんか?

ご安心下さい。痛くないです。
ただすでに深爪をした端の爪が刺さっている場合などは少し我慢して頂かなくては行けないこともあります。

どれぐらいで巻き爪の痛みは改善するのですか?

痛みだけでしたら当日良くなる方ばかりです。
通院回数は痛みが取れれば良いという方は、次回補正具を外して終了となりますので2回
巻きの強い方、爪の伸びが遅い方などは1年以上かかる方もいます。
だいたい軽度で2.3回 中度で4〜7回 重度で5回〜で爪の生え際まで平らになっていきます。

時間はどれくらいかかりますか?

1本で40分程度ですが初回は説明もありますので1時間程度のお時間を頂く可能性があります。

料金はどれくらいかかりますか?

初回お支払い頂く金額は重度で1本10,000円程度 軽度で7,000円程度の方が多いです。

どれくらいの頻度で通院すれば良いですか?

衛生的な問題から月に1回の通院が必要です。

完治しますか?

特許取得の補正具で爪の生え際まで平らして再発を防ぐ事ができます。
しかし外反母趾や遺伝的素因により、何度矯正しても爪が巻いてきてしまう方もいますので皆さんが完治するとは言えません。
爪の生え際まで平らになったとしても、先の細い靴を履いて爪を圧迫して矯正してしまえば
再発する事も考えられますので履物にも注意して下さい。

当日の服装はどうすればよいでしょうか?

お着替えを用意していますのでお好きな洋服でご来院下さい。

他の医療機関で巻き爪の治療を受けておりますが転院はできますか?

はい。転院に関してですが問題なく承りさせていただきます。転院の手続き等も必要ありませんので直接当院にお問い合わせ下さい。

姿勢矯正

2016.06.09 | Category: その他,症例一覧

姿勢矯正

胸を張ったらダメ‼️

特に最近は若い年齢での悪化が著しい姿勢。スマホ、ゲーム、デスクワークにPC等、日常的にうつむいた姿勢では、肩甲骨が外に上に滑っていくような姿勢を続けてしまう事になり全身の筋バランスが崩れてしまい姿勢の悪さにつながります。八女市本町のまいにち整骨院で行う姿勢矯正は危険なボキボキさせる矯正ではなく、急激なチカラを入れる事もなくリラックスして受けていただけるように進めますので非常に安心です。

姿勢矯正で非常に重要なことは、背骨を真っ直ぐにしない!という事です。ご存知だとは思いますが、背骨というのは身体の真横から見て真っ直ぐになっていると非常に悪い姿勢と言えます。よく、「胸を張りなさい!」と言う人がいますが、それを間に受けて胸を張るとどうなるか?答えは、背骨が伸びたわん曲が少ない背骨になってしまいます。「真っ直ぐな背骨になって姿勢が良くなるのでは?」と思っている人は間違ってます。本来、背骨というのは首の部分では前面に、胸・背中の部分では後面に、腰の部分では前面に緩やかなカーブを描く様にわん曲していて、骨盤自体は少し前に傾いている、いわゆるS字状になってる事が望ましいのです。背骨にカーブがある事で背骨に掛かるストレスを分散しているのです。姿勢矯正と言って背骨を伸ばしてしまう様な悪い姿勢に矯正しないように注意して下さい。まいにち整骨院では背骨を真っ直ぐにする様な姿勢矯正ではなく、縮んで伸びが悪い筋肉・筋膜や固まって動きが悪い関節の動きを回復させ、自然体な良い姿勢を取り戻せる様に骨格調整や筋膜調整を行います。施術期間は、3ヶ月前後は掛かります。しっかりと計画を立てて、矯正を始めたら日常の姿勢にも注意して過ごしましょう。